bealee のすべての投稿

ポイントサイトでコツコツためる

▶️ポイントサイトの活用方法とは?

ポイントサイトはそのサイトを利用することで、一定のポイントを貯められるサイトです。
例えば、そこで買い物をしたら貰える所があります。

貰えるポイントは現金に交換できることが多いです。
高額の商品を買えば、貰える量は大きくなりますが、安い商品でも貰えることに変わりはありません。

この点は頭の中にしっかりと入れて利用することが大切です。
例えば10ポイント貰っても、それを100回繰り返せば1000になります。

1ポイント1円のサイトだったら、1000円分貯められたことになります。
1000円は決して大きなお金ではありませんが、1000円あれば自分の好きなものを買うことができるでしょう。
また自分の欲しい高額の商品を購入する時に、その1000円を活用できます。

その種のサイトで貰えるポイントは、いつも一定ではありません。
貰える量が増えることもあります。

例えば、いつもは1ポイントがその10倍になることがあります。
このような期間を狙って買い物をすれば、量を貯めやすいです。

貰えるものが増える期間は、そのサイトがメールで伝えてくれます。
登録したら、メールを受ける取ることができるようにしておきましょう。
増える期間は短いので、その期間を忘れないで買い物をすることが必要です。

▶️ポイントには有効期限があるので注意

サイトごとに異なっていますがポイントには有効期限があるので、その期間内に使うのを忘れないようにしましょう。
うっかり忘れると、コツコツと貯めたものが無効になってしまいます。

有効期間はそれぞれのサイトで異なっていますが、1年間というサイトが多いです。
ほとんどのサイトでポイントの有効期間が近づいてくると、メールで連絡してくれます。
そのメールを見落とさないことが必要になります。

いろいろなサイトで貯めたポイントを一つにまとめられるサイトがあり、それが増えてきたら使うようにしましょう。
このようなサイトも一種のポイントサイトと言えます。

他のサイトで貯めたものをそこでまとめて、使えるようにします。
現金として使うこともできますが、他のサイトの商品を買うために使うことも可能です。

この種のサイトを使う時はネット上の銀行に口座を持っていれば、便利になります。
現金化した時に、自分の貯めたものをそこに移します。

移した後は、自分が普通使っている銀行の口座に振り込めるようになります。
普通の銀行もネット上で利用できるのですが、そのような銀行は避けましょう。

ポイントサイトから振り込めることが多いのですが、手数料が高かったり、振込の日数がかかることが多いです。
ネットだけに特化した銀行に口座を作るようにしましょう。

そんな銀行だったら、手数料は少ないですし、振り込みまでの日数も少なくなります。
最短で3日程度振り込めるところがあります。

▶️ポイントサイトを利用する時はセキュリティに注意

ポイントサイトを利用する時は、セキュリティに注意する必要があります。
簡単に推測できるパスワードを使ってはいけません。

また同じパスワードを使うのも避けましょう。
もし同じパスワードを使っていたら、一つのパスワードが破れた場合に次々と他のパスワードも破れてしまいます。

そんなことは起こりえないと思うのは、甘い考えです。
実際にパスワードを破られて自分の貯めたポイントを使われた例はいくつもあります。

サイトの方でも、その点は分かっています。
定期的にパスワードを変更するように求めてくるので、そのようなリクエストがあったら即座にパスワードを変えなければなりません。

ポイントサイトは、いつでも使えるわけではないので注意が必要です。
定期的にメンテナンスが行われており、その期間は使えなくなります。

また年始年末にも使えないことが多いです。
もし貯めたものが多くなったら、年始年末になる前に換金しておきましょう。

この種のサイトのサービスは定期的に変更されます。
例えば、それまでもらえていたポイントの量が少なくなることがあります。

また交換先がなくなったり、変わることあるので注意しましょう。
このような変更が行われると、戸惑いを覚えますし、場合によってはがっかりします。

一度この種のサイトを使い始めたら、まめにログインすることが大切です。
ログインすることで、新しい情報を得られるようになります。
さらにお得な情報が得られるかもしれません。

最近のこのタイプのサイトは、スマートフォンからもアクセスできるようになっています。
スマートフォンを持っている方は、そちらからもアクセスできるようにしておきましょう。

それをしておけば、外出している時も自分にとって大切な情報を手に入れられます。
アクセスだけでポイントがもらえるサイトも少なくありません。

1ポイント程度のことが多いですが、コツコツためていったら、まとまった量になります。
パソコンからアクセスし、スマートフォンからもアクセスすることでポイントを増やせます。
最大限にサイトを活用することで、ポイントの量がいつの間にか増えていきます。

引用元:ポイントサイトで稼ぐ

早期に解決したい福島の復興についてアトックスの見解は?

1.アトックスが見る、早期解決を切望している福島の復興

東日本大震災として福島は2011年に多大なる被害を受けてしまいました。

全国的に非常に有名な大地震で想像できないほどの大きな津波が発生してしまったことで、犠牲となった被害者の方々が多い出来事としても有名です。

内陸部ではなく、海岸に近いエリアの殆どが破壊されてしまい、内陸部であっても建物の崩壊、道路の崩壊が目立ち、海岸部では津波の影響によってあらゆる建造物が流されてしまったことでも知られています。

かなりの年数が経過しているので、復興も進められている状態ですが、その模様についてはテレビ番組などでも度々報道されることが多いものです。

初期の段階では簡単に手を付けることができずに、人命救助、若しくは捜索などをメインに行ってきましたが、その後は復興に向けて福島にはアトックスはじめ全国から数多くの企業が参入をして、今に至っています。(アトックス求人より

実際に整備されている内容は多く、護岸工事を徹底して行っている状態です。

以前よりも高い堤防を設置しており、今後の対策も十分に行われています。

海岸に近いエリアの場合では、以前のように家を建てることが困難なエリアが存在していることも事実です。

このような場所においては土地の嵩上げを行っており、道路整備も順調に行われています。

区画整備をしっかりと行い、常に予測される大地震に備えた環境作りを行っていることも事実でしょう。

実際に新しい市街地で住宅が建てられている場所も徐々に増えている状態にあり、商業施設の中には長期間にわたって閉店していた場合でも、現在では落ち着きを見せていることも現状です。

一方で今でも避難生活を送っている方々が多いことも実情で、既に福島を離れて、違う土地で新しい生活を営んでいる方も数多く存在しています。

国中が見守るように福島の早期復興は国民の希望と言っても過言ではありません。

有名人などが沢山の募金をしていたり、全国各地に住む一般の方々からも沢山の募金が集められていることでも非常に有名です。

都市部においては順調に復興作業が行われていて、インフラ整備も問題なく進められています。

2.福島の一部エリアでは原発によって未だに入り込みことができないエリアが存在している

しかし、福島の一部エリアでは原発によって未だに入り込みことができないエリアが存在していることも事実です。

このエリアについては原発の処理を進めていくと同時に、有害物質を除去する活動が今でも行われています。

元々の住民の方々は避難生活を余儀なくされているのですが、できるだけ早期に問題解決しないとストレスが蓄積されてしまうことも心配される重要な内容です。

国からの補助金や世界中からの支援、国民からの支援によってお金は集まっている状態ですが、莫大な被害をもたらした大地震になるので、完全に元通りにするにはかなりの年数を必要としています。

古くなってしまったニュース関連については、年月と共に忘れ去られてしまうことが多い傾向にありますが、この大地震については東日本だけではなく、全国民が早期解決を切望している事案ではないでしょうか。

尊い命が沢山失われてしまった自然災害になるので、早期に関係者の方々が安住できる場所を確保することが必須要件です。

ご家族を失ってしまった方も非常に多いのですが、単に建物や生活水準を元に戻すだけではなく、メンタル面でも回復させてあげることも大切なことでしょう。

今の尚、全国各地から労働者が派遣されているエリアになり、復興に向けて作業は毎日進められていることが現状です。

3.万が一の大地震に備える環境作りを徹底することが急がれている

地震に関しては人の力では防ぐことができない現象になるので、万が一の大地震に備える環境作りを徹底することが急がれています。

福島の場合では建造物を建てる場所や建物の高い耐震性を考慮することは当然のことですが、津波が発生してしまうリスクも十分に考えられており、護岸工事の他にも高台を用意して、避難経路を十分に確保した街作りも重要です。

このエリアでは少しずつ人が戻り、以前のような普通の生活を目指している方も多い傾向にありますが、それでも被災地の爪痕というものは県内に多数見受けられるので、決して忘れてはならない自然災害としての印象が強く残ります。

原発が存在していることで完全に復興するまでは長期的なスパンで考えるしかありませんが、それ以外のエリアに住んでいた方に向けては、可能な限り早くに震災前の生活に戻すことが必要でしょう。

以前は原発における風評被害なども多数見受けられましたが、今ではそのような風潮が無くなりつつあり、逆に応援する意味でこのエリアの特産品などが全国で販売されているものも見つけることができます。

募金活動も今でも行われているように、国民の中で少しでも応援したいと考えている方は、できる範囲で積極的に携わってみることもおすすめでしょう。

完全に元通りに戻すことではなく、未来を見据えて将来生きる人々が、再び2011年のような大災害を受けてしまうことが無いように、十分な技術や知識によって工事が行われている状態にあるので、いつの日か安住することができる地域になることを皆さんで祈ることも大切なことです。

初めての人でも安心!家をお得に売るためのポイント

家をお得に売る方法とは?

家はとても高い買い物ですので、逆に売る立場になったなら、できるだけ高く売りたいと望むのが普通です。
不動産会社が手伝ってくれますから、わりと初心者でも簡単に売却を実現できるものの、やり直しがきかない方法ですので、実際に売却が成立する前にポイントを抑えておくと、お得に売却できる確率を高めることが可能です。

基本的なポイントは、必ず複数の不動産会社に査定してもらうことです。
査定とは、売りたいと望む住宅の情報を不動産会社に見せて調べてもらい、売れそうな金額について提示してもらう手段です。

査定結果はあくまでも売れそうな金額ですので、その金額で100%売却できるとは限りませんが、高く提示する不動産会社ほど売る技術があると自負している証拠ですから、複数に依頼して比較し、査定額が高い不動産会社を選び出すとお得に売れるチャンスが高まります。

では、高い金額を提示した不動産会社が優れているかといえば、絶対ではありません。
異様に高い金額を提示しているところには要注意です。

金額を高く見せることでライバル会社を出し抜こうと考えている可能性があり、実際に契約してみると査定額よりも低く売却する結果になる例もよくあります。
この問題を回避するという意味でも、複数に依頼することによって、住宅の相場が大体わかるようになるのは大きなメリットだといえます。

相手の対応力や売却活動の内容についても比較する

査定を依頼する際には、相手の対応力や売却活動の内容についても比較することが大事です。
スタッフが親身になって誠実に対応してくれるのか、売却のための販売活動がしっかりしているのかといった部分まで比較し、総合的に判断して最終的に依頼する不動産会社を決定すると失敗を防げます。

スタッフの対応力を調べるには、相手の話を聞いているだけではなく、こちらから色々な質問をすると、回答の内容で不動産会社の特徴や相手の技量を知ることができます。

家を売るタイミングというのは、一般的に引っ越しが決まったときです。
一人暮らしの親と同居する、老人ホームに入居するといった特別な理由でない限りは、今住んでいる住宅を売却する流れになりますので、自分たちの住まいの問題について考慮することが大事です。

仲介として手伝ってくれる不動産会社と契約を結ぶと、不動産会社は早速買い主を探す業務をスタートさせます。
買い主は望みどおりの内容であるのか、価格に見合った価値があるのか調べるために、物件の内覧を希望する例がほとんどです。

内覧に訪れるのなら、早めに引っ越しをして室内を綺麗にしておくのが普通だと考えるところですが、実はその逆です。家電や家具などが設置してあり、生活感が残っている状態で内覧をしてもらうのがおすすめです。

家売るマンより引用

生活するための設備や道具などが置いてあったほうが参考になる

理由として、買い主の殆どが物件を自分たちが暮らしていく新居としての購入を希望しているからです。
何もない室内よりは、生活するための設備や道具などが置いてあったほうが、参考になります。

買い主がイメージしやすく、成約に繋がる可能性を高めてくれます。
しかし、室内をある程度綺麗にしておかないと、買い主に悪いイメージを持たれてしまいます。
整理整頓をしておく、掃除をして清潔を保つなどの配慮をしておくと、お得に売却できるチャンスを高められます。

内覧時に相手と話す機会があるなら、住み心地の良いことをアピールするのもおすすめです。
近所の通いやすいスーパーを紹介したり、便利なお店や施設を軽く紹介しておくと、買い主の購入意欲を高めることができます。

室内の紹介においても、押し入れやクローゼット、その他の部分の使いやすいところをアピールすると好印象を持たれます。
あまりアピールしすぎると相手に怪しまれる危険がありますので、注意しながらさり気なく配慮するのが望ましいです。

売出し価格は売り主が自由に決めることが可能

不動産会社と契約を結ぶ段階に話は戻りますが、ここで売り出し価格を決める必要が出てきます。
査定結果の金額とは違って、売出し価格は売り主が自由に決めることが可能です。

安く設定するとすぐに購入を希望する人が大勢集まってきますので、素早く売れるものの、お得に売却できなくなるため、ある程度高い金額を設定したくなるのが普通です。

しかし、高く設定しすぎると今度は人が集まってこなくなります。
いつまでも売れない状態に陥りますので、このバランスを考えるのがかなり難しい部分です。

経験豊富な不動産会社のスタッフにアドバイスをもらうことで、お得に売れやすい売出し価格を容易に決められるものの、ある程度は売り主自身も考えて設定したいところです。

決めるなら、自分に素直になって、大体この金額で売りたい基準を決めます。

次に、最低金額についても考えます。
そして、査定結果の金額も参考にします。

査定結果が先程の2つの間に来るようなら、査定額に近い金額に設定すると売れやすいといえます。
査定額が2つの金額から出てしまうようなら、理想が高すぎる、低すぎる証拠ですので、考えを改めて、売り出し価格を決めると損をしたり売れにくい物件になるのを回避できます。

ほぼ毎月オンラインカジノで遊んでいます

主にスロットとルーレットで遊んでいる

流石に毎週というわけにはいきませんが、大体毎月お給料が入ったタイミングでオンラインカジノにログインしています。
主にスロットとルーレットで遊んでいるのですが、今までに二回大当たりを経験しているのでもう一度あの感動を味わいたいというのが、たとえ賭けたチップが全て融けてしまったとしても何度でもチャレンジするぞというモチベーションに繋がっていると言えるでしょう。

そもそも僕がオンラインカジノにはまったきっかけは、大学時代の友達からの勧めでした。

最初はネット上でお金を賭けて遊ぶカジノなど違法性がありそうだ、お金を無駄に消費しそうだと悪いイメージしか持っていなかったのですが、海外のカジノ運営会社がホームページを開いており日本でプレイしても合法であることや、掛け金がある程度自由に決められるのでお小遣いの範囲で遊べることなどが友達からの説明で判明して、そこまで勧めるなら試しにやってみるかと会員登録してみたところあっさりとはまったといった形です。

オッズを低く設定しておけば1万円程度でもかなりの時間色々なゲームが楽しめることも重要でしたが、想像していた以上に掛け金が大きくなって返ってくる利点が僕好みだったで、オンラインカジノにはまった最大の理由だと言えるでしょう。

流石にサイト名や運営している会社名は避けますが、僕が主に利用しているオンラインカジノはアメリカのもので、日本語未対応なので英語のままでゲームをプレイしています。

しかしゲームを楽しむだけならシンプルな構造になっていますので、英語表記だからといって言語の関係で不自由さを感じるようなことはないと言えます。
少なくとも僕はあまり英語が得意なほうではありませんが、英語で賭け事だけでなく入金や出金までをこなせているので中学生レベルの英語力があれば海外のサイトでも十分カジノで遊べるものと捉えておいてください。

まずはポーカーから始めてみることをおすすめする

僕の個人的な経験から来る意見になってしまうのですが、初めてオンラインカジノで何らかのゲームをプレイするという方がいらっしゃるようなら、まずはポーカーから初めてみることをおすすめします。

ほとんどの運営元が、ポーカーなら最小のチップで遊べるように設定しているからです。
スロットも最小のコインやチップで遊べるか可能性が高いのですが、完全に運に左右されるゲームとなっていますのでまずはポーカーでチップの微増を目指してみて、その後ある程度チップが増えたらスロットに流れて行くというお金の増やし方を推奨します。

当時初心者だった僕はこの方法で一万円分のチップを三万円にまで増やすことに成功していますので、絶対儲かるとはいえませんが少なくとも一人はこの手法で儲けを出した男がいるのだと覚えておいてもらいたいです。

入金や出勤に関して

せっかくゲームに勝ってお金が増えたとしても、出金で手間取ってしまい手元にお金が入ってくるまでに時間差が生じてしまうのではないかという心配をしてしまう方もいらっしゃるでしょうが、僕の利用しているところに関しては入金も出金も迅速に行ってくれます。オンラインカジノ入出金

出金手続きを済ませれば最短で3日程度で指定している銀行にお金が振り込まれるようになっていますので、海外のカジノが運営元だからといってお金の払い戻しに何週間もかかるようなことはないものとイメージしておいてください。

ただ運営会社や企業によっては入金はすぐマイページに反映させてくれるのに、出金には時間がかかりやすいといったところがあるのも事実なので、とくにこだわりが無いようなら出金が早そうなところを選んでしまうというのも一つの手でしょう。

個人的には運営元がアメリカの会社や業者なら早めにお金の振込みを済ませてくれやすいのでおすすめです。

オンラインカジノで得たお金を投資と保険に回すようにしている

ギャンブルで得たお金なんて次回のギャンブルで溶かしてしまうのではないか、そんな暗い印象を賭け事に対して持っている方も少なくないでしょうが、僕はオンラインカジノで得たお金を投資と保険に回すようにしていますので、賭け事で儲けたお金でも上手に活用すれば生活資金や老後のための貯蓄に当てられるものと認識しておいてください。

ネットや実店舗などどのような形式のカジノのゲームであっても、賭け事で得たお金は一時所得という扱いになりますので確定申告のときに納税申請をする義務などが生じますが、使い道に関しては何の規定もないので自由に使えるようになっています。

またギャンブルにお金をつぎ込むことも違うことにお金を回すことも、儲けを出した個人の裁量で自由に決められるようになっているのです。
僕の場合はメインで登録しているところのマイページにある程度遊べるだけのお金を残して、大きな儲けが出たようならすぐ出金して投資と保険にお金を流し入れています。

楽しくゲームを遊んで得たお金を将来に向けての資産運用に回す、このサイクルをこのまま長く続けていくつもりですので、これからもオンライン形式のカジノにはお世話になることでしょう。

弁護士に依頼するメリットやデメリットとは

著作権侵害や慰謝料問題など弁護士の活躍の場は多い

日々の生活ではさまざまな出来事が起こります。
交通事故で入院してしまうケースや夫婦の仲がこじれて離婚騒動などになってしまうと、状況によっては裁判によって解決しなければならないこともあるでしょう。

基本的に当事者、関係者同士できちんと話し合い解決できることが理想ですが、交通事故などの場合には、加害者、被害者の状況やケガなどによって入院している状態では話し合いだけで解決というのは難しいでしょう。

入院や通院での治療費、慰謝料や休業損害などの示談交渉など行う必要性や後遺症が残るケガなどの場合には、後遺障害等級の申請なども必要になってきます。

離婚騒動などの場合でも、どのように裁判をしたらいいかわからない、慰謝料の請求をしたい場合や離婚したくても同意してくれない、財産や子供がいる場合には養育費などに関しての争いでうまく話し合いでまとまらないなどさまざまな悩みを抱えてしまうケースもあります。

また、インターネットが身近になってから著作権侵害などのクレーム、訴訟も一般の人でも起こりうることになってしまいました。

このような場合に、法律に詳しい弁護士に相談することによりスムーズに解決できる場合もあるので利用してみましょう。

本人に代わって相手との交渉の場に立ってもらえる

弁護士に依頼するメリットとして、法律に詳しいという点、そして本人に代わって相手との交渉の場に立ってもらえるという点です。
なんらかのトラブルに巻き込まれてしまう場合に、法律に詳しければいろいろと正しい対処ということもできますが、一般人が法律に関して個人的に知識を身に着けているとは限りません。

そのため、事故や離婚などさまざまな状況で相手側が有利な状況になり、都合のいい条件を提示してくる可能性もでてきます。
もう一つは、トラブルに対して毅然とした態度で相手と交渉できるかという点です。

人によっては気が弱い、性格的にやさしい方の場合にはあまり強い要求ができず相手が強気な態度でプレッシャーを与えてくることにより、相手の言うなりの状況に追い込まれてしまうこともあります。

これでは、自分側が被害者の立場であった場合にとても不利な条件を受け入れることになってしまう可能性が高くなります。
このような場合に、弁護士が代理人としてきちんと相手と対峙してくれる、交渉を行ってくれることにより相手側と対等、状況によっては有利な状態で交渉や裁判など行うことが可能です。

弁護士がいれば安心して裁判に臨める

また、離婚騒動の場合でも相手が不倫をしている場合や自身にほとんど非がない状態にも関わらず、相手が強気な態度で交渉、裁判をしてくる可能性もあります。

気が弱い方や自身が思っていることを相手に伝えるのが苦手な方がこのような状況では、自身の言い分を伝えることは難しいでしょう。
弁護士なら本人が伝えたいことをしっかりと聞き、相手との裁判の場においてもきちんと対処してくれます。

裁判などの場合には、初めてという場合には、それだけでも緊張し、自分の主張をするというのも厳しいといえるため、そのような点においても弁護士がいれば安心して裁判に臨めるというのもメリットの一つです。

弁護士費用について

デメリットとしては、費用がかかるという点と、どの程度の費用がかかるのかわからないため、依頼したくても気がひけてできないという方もいるでしょう。
基本的にさまざまな費用が組み合わさることになるため、依頼する内容によっても違いがあります。

相談料や着手金、報奨金や手数料、その他にもいくつくかの項目がありますが、そのすべてが費用としてかかるとは限りません。
ですが、依頼するならある程度の費用がかかるという点は覚えておきましょう。

近年では、初回に関して相談料無料のケースも増えています。
相談料金がかかるのは抵抗があるという場合には、相談料無料なところを探して利用してみるといいでしょう。

さまざまなトラブルに対して単独によって解決するということは不可能ではありません。
しかし、時間がかかるケースや解決はしても自身にとって不利な条件、不満のある結果になることもあります。

法律に詳しければ対処法があった可能性やもっと自分の要求や考えていることが相手にきちんと伝わっていればもっといい状況で解決する可能性があるのにと後々、後悔することにならないためにも、弁護士に依頼して問題をスムーズに解決してもらうほうが、時には大きなメリットをもたらすこともあるため利用してみましょう。

トラブルの内容次第では無理に一人で解決すると損をする

費用的な面は考慮する必要がありますが、事故や離婚など慰謝料などにおいて自身による交渉、裁判によってかなり低い額を提示されてしまう可能性もあります。

費用をケチってしまうことによりかえって損をしてしまうこともあるため注意が必要だといえるでしょう。
そのため、状況に応じて専門家に頼むことにより解決を図るかどうかの判断は重要なポイントといえます。

トラブルに関して、一人の力によって解決したいところではありますが、トラブルの内容次第では無理に一人で解決するよりも周囲に頼る、専門家に相談、弁護を依頼することも必要になる場合や自身の負担を減らすことにもなります。

状況に応じて判断し、よりトラブルがスムーズに解決するための行動をとりましょう。

特別養護老人ホームに代わる介護施設

終の住処をどうするか?

終の住処を選ぶとき、収入がある程度ある高齢者の場合には有料老人ホームが考えられます。
種類は介護付き、住宅型、健康型などがありますが、介護付き有料老人ホームはどんどんと増え特定施設入居者生活介護として、介護保険の在宅扱いでサービスを受けることが可能です。

この特定施設入居者生活介護には、そのほかにもケアハウスや高齢者専用賃貸住宅などで一定の基準を満たしたところが、介護保険の在宅扱いでサービスを受けられます。

介護施設である特別養護老人ホームへ入りたくても2・3年待ちというのが現状なので、今では介護付き有料老人ホームが特別養護老人ホームの代替の介護施設として考えられるようになりました。

有料老人ホームは以前は入居一時金が3000から5000万円を必要とするのが普通で、ゆとりあるお年寄り向けの終の住処と考えられていました。
しかし今では入居一時金0から500万円のところもあり、また介護保険の改正で介護保険3施設もホテルコストが自己負担となったため、介護付き有料老人ホームでかかる月額費用との差が以前より少なくなり入りやすくなりました。

介護付き有料老人ホームの特徴について

介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けている介護付き有料老人ホームでは、介護保険のサービスを受けることができ、ホーム内では食事などの日常生活に必要なサービスと介護サービスを受けることができます。

住宅型の有料老人ホームでは食事などの日常生活に必要なサービスを受けることができ、要介護認定を得た人は在宅サービスとして外部の訪問介護サービスなどを利用することができます。

健康型の有料老人ホームは、自立した健康なお年寄りが対象です。
ホーム内では食事などの日常生活に必要なサービスのみを受けることができ介護が必要になった時には契約を解除して、ほかの介護施設に移らなければなりません。

変化する有料老人ホームの定義

有料老人ホームは老人福祉法では常時10人以上の老人を入居させ、食事の提供とその他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設であって、老人福祉施設でないものをいうと定められていました。
しかし今では入居者が9人以下で食事やその他の日常生活に必要なサービスを他社に委託しているものも、有料老人ホームとみなされるようになっています。

設置するためには都道府県知事へ事前に届け出る義務があって、半数以上は民間企業などが経営していてタイプには入居一時金を支払う終身利用方式と賃貸方式とがありますが、終身利用方式のタイプが一般的なようです。

 

出典サイト

1.不動産仲介様 | 介護施設の土地活用・不動産ならシーエーシー不動産

全保連を利用するメリットとリスクについて

全保連ってどんな会社?

全保連はアパート経営を行うオーナーにとって非常に便利なシステムを多数提供してくれる会社です。
特に家賃保証に代表されるアパート経営の代行業務については、日常的に係る業務を基本的に代行してくれる上、毎月一定額の収入が保証されることから安心して経営を行うことができるとして多くのオーナーに利用されるものとなっているのが特徴です。

アパート経営を行う際には第一入居者を確実に確保することが非常に重要です。
アパート自身は固定資産として毎月の税金のほか様々な維持費がかかるため、単純にオーナーの手間がかかるものとなっているのが実態です。

さらに入居者を確実に獲得するためにはプロモーション活動なども非常に重要となり、建物自身を常に快適に維持することも要求されるため非常に労力がかかるものとなっていることがあり大きな負担となっています。

しかしこれらの努力を充分に行ったとしてもすべての部屋を満室にする事はなかなか難しく、空室があると十分な家賃収入が得られないため経済的にも不安定な状態となることが少なくありません。
そのため一般的にアパートの経営を行う事は1度建物を建ててしまえば永続的に収入があると考えられるものですがそうではなく、日々様々な作業に追われなければならないと言う問題点があるのです。

家賃保証制度について

全保連が行うオーナー向けサービスの中には、家賃保証制度と言うものがあります。
これは全保連にアパートの経営自体を委託してしまう方法で、契約に基づき毎月決められた金額の家賃が入金されるという仕組みになっており、アパートの維持管理や入居者の確保は全保連がすべて行ってくれると言う非常に便利なものです。

この方法を選択することにより自分で運営を行う場合に比べ手間がかからずに毎月安定した収入を得ることができるとして大きなメリットを生み出すものと評価されています。

しかしこの方法にはデメリットもあります。
まず、建物の運営を完全に委託してしまうためにその運営方法に基本的には介入できないことです。

資産価値を損なうような改造などの場合には基本的にオーナーに対して相談をしなければならないことになっているのですが、入居者を募るための一時的な改造やその他の方策については基本的には任せることになっていることが多く、自らの建物に対するイメージと異なる仕様になってしまうこともあるので注意が必要です。

さらに入居者との契約内容についても介入できないため、家賃の設定や入居する入居者自身の様々な面についてもオーナーの希望が通らないことも多く、注意をすることが必要となります。

満室時の周辺の相場に比べ低く設定されている

また毎月の家賃収入の金額についても基本的には満室時の周辺の相場に比べ低く設定されていることが多く、この点についてもリスクを負うことになるのが実態であるため意識をしなければなりません。

自ら経営する場合には周辺の環境に応じて逐一家賃の変更等を入居者と交渉することができるのですが、あくまでも入居者と賃貸契約を結んでいるのは全保連となるためその契約内容についても一切の介入ができないと言う問題があります。

ただし自分で直接入居者に対して交渉行う場合にはその交渉が難航することも多い上、入居者が家賃を滞納した場合のリスクは非常に大きく、アパート自身の営繕費や固定資産税の支払いなど様々な出費の効率を考えると家賃保証制度は非常に有効なものと考えられるため、風多くのオーナーが興味を持っていると言う実態がありますが、この点に関しても十分に注意をしなければならないポイントがあります。

それは家賃保証が行われる際の金額です。
基本的に家賃保証契約は2ヶ月単位で見直されることになっており、その際に金額に関しても見直すことが定義されている場合が少なくありません。

これは通常の賃貸契約が2年ごとに更新を行うことが多いことに由来しており、周辺の相場や市場環境により設定する家賃の金額が変わることが予測されるため、これに合わせて金額を見直すことが定められています。

アパート経営は非常に手間がかかる投資である

最近では様々な建物を新たに建築しこれを不動産会社などが丸ごと借り上げて家賃保証を行うと言うケースも少なくありません。
この場合には家賃保証があるからと安心して物件を購入し、長期の住宅ローンを契約してしまうことも多いのですが、家賃保証は2年ごとに見直されるため環境の変化によっては十分にローンを支払うことができる金額が確保できないケースも発生することを意識することが重要です。

全保連ではそのリスクをしっかりと説明してくれるばかりでなく、本人の資産状況などを十分に確認した上で既存の不動産を生かして家賃保証を行うサービスも行っているため、これらのサービスを効率的に利用することが重要となります。

アパートの経営は一見効率的に収入を上げることができる方法として非常に注目されていますが、決済には非常に手間がかかる側面もあるため、様々なサービスを効果的に利用することを十分に考慮しながら安定的な経営を行う方法を模索することが重要です。

 

出典:全保連株式会社様 -口座振替代行サービス/コンビニ収納代行サービス-|SMBCファイナンスサービス 代金回収サービスより

世界中の子供のためにユニセフに協力

紛争などによる世界の貧困問題

日本は平和な上に、物が豊富な国です。
子供の貧困問題が取り上げられることはありますが、ボランティアなどが協力して貧困状態の子供たちに食事を提供するなどしています。
これだけでは不十分かもしれませんが、日本ならばできます。

世界を見渡してみると、平和な国ばかりではありません。
紛争が絶えない地域もあります。
しかも、紛争地域に子供がいることもあるのです。

紛争地域ですから平和とは程遠いですし、物が不足しています。
食べ物に不自由してしまいますから、栄養失調で苦しんでいる子供はたくさんいます。

お腹が大きく膨らんでいるのに、手足が細い子供を見たことはありませんか。
たくさん食べているのではと思うかもしれませんが、栄養失調だとこのような体型になってしまいます。
日本ではこのような子供を見ることはありませんから、どれだけ食べ物が不足しているのかは想像を絶するでしょう。

ユニセフに協力する

世界中の貧しい子供たちのために、自分ができることは何かあるだろうかと思いませんか。
紛争地域へ直接行くことはとても危険です。

しかし、助けたい気持ちがあるのならばユニセフに協力してみませんか。
世界中の恵まれない子供たちへの活動でとても有名です。

日本で食べているようなものをたくさん紛争地域の子供たちに食べさせるわけではありませんが、高栄養の食事を提供することはできます。
栄養を摂取できますから、飢餓で苦しまなくて済みます。

貧しい国は、食べ物が不足しているだけではありません。
不衛生な場所ですから、感染症などの病気を患う可能性がとても高いです。
しかも、栄養状態が悪いために感染症にかかりやすいので亡くなる子供も少なくありません。

ユニセフならばワクチン接種していますので、感染症で苦しまなくて済む子供が多くなります。
抗生物質を提供するなどしていますから、治療も適切に行われるようになります。
たとえ感染症にかかったとしても、適切な治療をすれば助かる命が増えると言うわけです。

安全な水が不足しているところも多い

また、安全な水が不足しているところもたくさんあります。
日本のように水道が発達していたり、安心して水道の水が飲めるところはとても少ないです。

飢餓で苦しむような国ともなれば水が不足していますので、遠くの川まで行って水を汲まないといけないことあります。
井戸を掘っても水が出ない地域もありますが、ユニセフから水を提供することもあります。

世界はとても広いので、日本とは全く違った環境で暮らしている子供たちは多いです。
せっかく生を受けたのに、栄養失調や不衛生な場所にいるために、短い命となることも珍しくはありません。

少しでも食い止めたい気持ちがある人は、ユニセフに募金しませんか。
募金の方法は一つではありません。
だから、多くの人が協力しやすいのではないでしょうか。

マンスリープログラムについて

現金を指定の口座に振込む募金でも構いません。
しかし、一度だけの募金だけではとてもじゃないけれど飢餓を救うには足りないと思いませんか。

実は、マンスリープログラムと言う方法があります。
マンスリーとあるように、毎月一定の金額を募金し続けることができるプログラムです。
自分で寄付できるだけの金額を毎月募金することができます。

いくらにするかを設定して、マンスリープログラムに協力するのも良いかもしれません。
自動振替でずっと貧しい子供たちの支援をし続けている人はたくさんいます。

大きな災害があったときに、緊急で募金を募集することもあります。
災害が起こったとき、弱者は特に困りますから、こう言う時こそ支援するのも良いのではないでしょうか。
緊急で募集しますから、大きな災害があった時にホームページなどで確認してください。

一部の携帯電話会社の利用者ならば、携帯電話会社を通じて募金することもできます。
こうやって見てみると、募金の方法も多様になっていることがわかります。

一人一人に合った募金方法を選ぶことができてとても便利です。
このように多様化していることで、協力する人が増えれば多くの子供たちを救うことができます。

ユニセフを通して多くの命を救うことができる

もちろん、無理をすることはありませんが、協力できると言うことであればやってみませんか。
日頃から人のために役に立ちたいと思っているけれど、何をして良いかわからないのならば、ユニセフに協力すると言う方法が良いかもしれません。
多くの命を救う手助けができるからです。

コマーシャルなどで見たことがある人もいるでしょう。
それだけ、世界中にはまだまだ飢餓で苦しんでいる子供がたくさんいると言うことです。
簡単に紛争をなくすことはできませんし、人口がとても多い地域で貧しいだけに簡単に飢餓は解消されません。

日本にいながら遠い場所で苦しんでいる子供たちを救える方法があります。
協力している人も多いですが、まだまだ協力者が足りない状態が続いています。

世界を見ると人口は増え続けていますし、今後も募金が重要になるはずです。
少しでも良いので協力できる時だけでも良いので手を差し伸べてみませんか。

 

あわせて読みたい

日本ユニセフ

サービス付き高齢者向け住宅の費用について

核家族が珍しくなくなった現代

核家族が珍しくなくなった現代では、高齢者だけで自宅に住んでいることも珍しくなくなりました。

身近に近親者が住んでいる場合はまだ良いかもしれませんが、近くに近親者がいないと何かあった時に不便を感じることもあります。

そのような場合にはサービス付き高齢者向け住宅を利用することも1つの方法です。

サービス付き高齢者向け住宅はその名の通り、高齢者のためのサービスがついた住宅に住むことが出来ます。

利用する場合は、要介護の低い元気な高齢者、という条件が付きますが、老人ホームのような自由の少ない生活を送ることはほとんどないため、利用者としては気持ち的には楽に生活できるかもしれません。

ではサービス付き高齢者向け住宅の費用はどのようになっているのでしょうか。

まず最初に覚えておく大切なことは、料金形態は施設によって異なることです。

これは建物の築年数や立地条件、常駐している人の数など様々な条件によって異なるため、料金に幅があることは仕方がないといえます。

実際に必要になる料金として2つを挙げることが出来、まず1つ目に入居時に必要になる敷金礼金や保証金です。

これらは無料になることもありますが、人気のある施設や充実したサービスがある施設ですと数百万円かかることもありますので、初期費用を抑えたい場合はこれら料金が低い施設を探すと良いでしょう。

2つ目に必要になる費用とは?

2つ目に必要になる費用として月々の費用です。

これには家賃とも言える施設の利用料、光熱費、食費、介護サービスの利用料があり、総額で10~30万円程度が目安になります。

この費用を抑えたい場合は、施設の利用料が安いサービス付き高齢者向け住宅を見つけたり、食事は自炊するようにしたりすると良いでしょう。

また10~30万円はあくまでも1人の費用であり、夫婦で入居できる施設もありますが、その場合は費用が倍程度になることを覚えておく必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅を利用するメリットには、高齢者向けのサービスを受けられる他に、安否確認をしてもらえることもあります。

たかがそれくらい、と思うかもしれませんが、身近に近親者がいない場合に大怪我をすると、生活に支障が出るくらいの事態になる可能性もありますし、病気や怪我などで自宅で倒れた場合に発見が早ければ大事にならないことも多々あります。

周囲の人間だけでなく、自分自身が安心して生活できる環境を整えられることが何よりのメリットといえるのかもしれません。

 

よく読まれている記事

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い

マイランドで行える収益不動産取引の特徴

株式会社ベストランドによって運営されているマイランド

マイランドは株式会社ベストランドによって運営されている投資用の中古物件についての総合的な取引サービスを行っている事業です。

低金利の時代になった影響を受けて資金を運用することによって将来のための資産を形成しようという考えが広まりました。

特に老後の生活資金を手に入れることや生活費を増やすことを目指して不動産投資に乗り出す人が増えているのに着目し、総合的なサポートを行うのを目的として近年に開始された事業として注目されています。

収益不動産のリーディングカンパニーとして不動産を活用する資産形成のサポートを行うことを目指しているのがマイランドの特徴です。

一般的な不動産会社が不動産の売買の仲介に注目して事業を展開しているのに対し、マイランドでは顧客視点に立って継続的に顧客に利益をもたらす不動産価値を創出することを目指しているのが特色となっています。

このため、日本全国に渡ってネットワークを形成して一棟マンションや区分マンション、オフィスビルなどの様々な種類の物件を取り扱っています。

中古物件の販売を行うことによって利益を得ているのは確かですが、収益不動産について世の中で行われている一通りの事業を行っているのも特徴です。

売りたいという人からの依頼を受けて媒介契約を締結して買い手を探す仲介業務も行っています。

また、すぐに不動産を手放したいという人からの要望に応じて買取も行っているため、自社物件も多数抱えているのです。

購入したいという人にとっては自社物件を直接販売してもらうこともできる一方、流通している不動産の仲介も依頼できるため、幅広いラインナップから魅力的な収益不動産を選び出すことができます。

スタッフによるマッチングを依頼することができるのも特徴

この際にスタッフによるマッチングを依頼することができるのも特徴です。

収益不動産を買いたいというときには目的があります。

その目的を叶えるのに最適な不動産を選び出してもらえるサービスが提供されているのが特徴です。

資金がどの程度あって、どの程度の期間で運用したいのかに応じて適切な不動産が異なります。

単純には減価償却によって節税を行いたい人にとっては築年数が古くて減価償却費を増やしやすい不動産の購入と売却を手際良く行っていくのが理想的です。

しかし、老後の生計を立てるために収入源を獲得したいという場合には築年数が浅くて老後になっても運用を続けられる不動産の方が望ましいでしょう。

自分で不動産経営を行っていきたいという人の場合には自宅の近くにある不動産の方が管理が容易になります。

しかし、管理はサブリースするという場合には地域を問わずに信頼できる管理会社に経営を行ってもらえる不動産を選ぶのが良いと言えるのです。

手持ちの資金や年収に応じて適切な物件価格にも違いがあるため、個人によって最適な不動産は異なっています。

これを十分に考慮して全国各地にある不動産の中から最適なものを紹介してもらえるマッチングシステムを運用しているのががマイランドの特徴です。

このようなマッチングを行えるのはマンションの一室レベルから広く収益不動産を扱っているからに他なりません。

顧客視点での経営方針を立てていることによって他社との差異化を実現しています。

マイランドは収益不動産に特化

マイランドのウェブサイトでは自分で欲しい不動産を検索することも可能です。

収益不動産に特化していることから検索システムについても特色があります。

過悪態や地域によって検索ができるだけでなく、満室時の想定利回りによって検索も行えるようになっているのです。

また、現況として賃貸中であるか空室であるかについても明記されているため、購入後の賃貸管理のあり方についても考慮しながら不動産を選べるようになっています。

築年数や専有面積、建物構造などの様々な条件によってふるいをかけられることから不動産投資の経験がある人の場合にはマッチングを受けずとも理想的な物件を探しやすくなっているのが魅力です。

不動産投資においては引き際が重要になることもよくあります。

この際にも速やかに今の売値がどの程度になるかを査定してもらえるシステムを利用することが可能です。

物件についての情報と売却予定時期についての詳細を伝えることによって査定を簡単に申し込めるようになっています。

このときに仲介の場合の販売価格と買取の場合の価格について同時に計算してもらえるのがメリットであり、不動産投資の局面に応じて適切な方法を選びやすいのが特徴です。

この際にプロの見地から仲介と買取のどちらを選ぶべきかについてのアドバイスももらうことができるため、出口戦略に悩んでいる人にとっても助けになります。

このようにマイランドは収益不動産に関わる多様な取引について顧客が利益を得るという視点から事業を展開しているのが特色です。

不動産投資による資産の形成や将来の準備を行っていくためのサポートを独自の角度から受けることができる点で優れています。