初めての人でも安心!家をお得に売るためのポイント

家をお得に売る方法とは?

家はとても高い買い物ですので、逆に売る立場になったなら、できるだけ高く売りたいと望むのが普通です。
不動産会社が手伝ってくれますから、わりと初心者でも簡単に売却を実現できるものの、やり直しがきかない方法ですので、実際に売却が成立する前にポイントを抑えておくと、お得に売却できる確率を高めることが可能です。

基本的なポイントは、必ず複数の不動産会社に査定してもらうことです。
査定とは、売りたいと望む住宅の情報を不動産会社に見せて調べてもらい、売れそうな金額について提示してもらう手段です。

査定結果はあくまでも売れそうな金額ですので、その金額で100%売却できるとは限りませんが、高く提示する不動産会社ほど売る技術があると自負している証拠ですから、複数に依頼して比較し、査定額が高い不動産会社を選び出すとお得に売れるチャンスが高まります。

では、高い金額を提示した不動産会社が優れているかといえば、絶対ではありません。
異様に高い金額を提示しているところには要注意です。

金額を高く見せることでライバル会社を出し抜こうと考えている可能性があり、実際に契約してみると査定額よりも低く売却する結果になる例もよくあります。
この問題を回避するという意味でも、複数に依頼することによって、住宅の相場が大体わかるようになるのは大きなメリットだといえます。

相手の対応力や売却活動の内容についても比較する

査定を依頼する際には、相手の対応力や売却活動の内容についても比較することが大事です。
スタッフが親身になって誠実に対応してくれるのか、売却のための販売活動がしっかりしているのかといった部分まで比較し、総合的に判断して最終的に依頼する不動産会社を決定すると失敗を防げます。

スタッフの対応力を調べるには、相手の話を聞いているだけではなく、こちらから色々な質問をすると、回答の内容で不動産会社の特徴や相手の技量を知ることができます。

家を売るタイミングというのは、一般的に引っ越しが決まったときです。
一人暮らしの親と同居する、老人ホームに入居するといった特別な理由でない限りは、今住んでいる住宅を売却する流れになりますので、自分たちの住まいの問題について考慮することが大事です。

仲介として手伝ってくれる不動産会社と契約を結ぶと、不動産会社は早速買い主を探す業務をスタートさせます。
買い主は望みどおりの内容であるのか、価格に見合った価値があるのか調べるために、物件の内覧を希望する例がほとんどです。

内覧に訪れるのなら、早めに引っ越しをして室内を綺麗にしておくのが普通だと考えるところですが、実はその逆です。家電や家具などが設置してあり、生活感が残っている状態で内覧をしてもらうのがおすすめです。

家売るマンより引用

生活するための設備や道具などが置いてあったほうが参考になる

理由として、買い主の殆どが物件を自分たちが暮らしていく新居としての購入を希望しているからです。
何もない室内よりは、生活するための設備や道具などが置いてあったほうが、参考になります。

買い主がイメージしやすく、成約に繋がる可能性を高めてくれます。
しかし、室内をある程度綺麗にしておかないと、買い主に悪いイメージを持たれてしまいます。
整理整頓をしておく、掃除をして清潔を保つなどの配慮をしておくと、お得に売却できるチャンスを高められます。

内覧時に相手と話す機会があるなら、住み心地の良いことをアピールするのもおすすめです。
近所の通いやすいスーパーを紹介したり、便利なお店や施設を軽く紹介しておくと、買い主の購入意欲を高めることができます。

室内の紹介においても、押し入れやクローゼット、その他の部分の使いやすいところをアピールすると好印象を持たれます。
あまりアピールしすぎると相手に怪しまれる危険がありますので、注意しながらさり気なく配慮するのが望ましいです。

売出し価格は売り主が自由に決めることが可能

不動産会社と契約を結ぶ段階に話は戻りますが、ここで売り出し価格を決める必要が出てきます。
査定結果の金額とは違って、売出し価格は売り主が自由に決めることが可能です。

安く設定するとすぐに購入を希望する人が大勢集まってきますので、素早く売れるものの、お得に売却できなくなるため、ある程度高い金額を設定したくなるのが普通です。

しかし、高く設定しすぎると今度は人が集まってこなくなります。
いつまでも売れない状態に陥りますので、このバランスを考えるのがかなり難しい部分です。

経験豊富な不動産会社のスタッフにアドバイスをもらうことで、お得に売れやすい売出し価格を容易に決められるものの、ある程度は売り主自身も考えて設定したいところです。

決めるなら、自分に素直になって、大体この金額で売りたい基準を決めます。

次に、最低金額についても考えます。
そして、査定結果の金額も参考にします。

査定結果が先程の2つの間に来るようなら、査定額に近い金額に設定すると売れやすいといえます。
査定額が2つの金額から出てしまうようなら、理想が高すぎる、低すぎる証拠ですので、考えを改めて、売り出し価格を決めると損をしたり売れにくい物件になるのを回避できます。