不動産の売却で高利益を実現する基本

不動産を所有して売却する時、特に重視されるのは幾らで売れて儲かるかという点です。

単純に手放したいだけであれば、相場よりも安い価格設定を行うことで、希望を短期間で実現するのは難しくないと考えられます。

しかし、出来るだけ高く、少なくとも平均を上回る額で手放したい場合、難易度は一気に上がって壁にぶつかることもあるでしょう。

そういった状況で大切なのは、不動産の売却に関する基本をおさらいして、もう一度高く売る方法を再検討することです。

まずは一般的な相場を理解する

高値で手放す最初のコツは、物件の一般的な相場を理解する点にあります。

値付けが安ければ、売れても利益はあまり出ませんし、逆に高値を付けると今度は売れにくくなってしまいます。

そこで、通常は商品から価値を算出して、それに値する金額で販売しようとするのが基本です。

相場に則した値付けであれば、購入希望者は喜んで購入を申し出るでしょう。

金額がやや高いとしても、物件に相応の付加価値があるなら、多少の時間が掛かっても買い手は見付かるはずです。

つまり、物件の価値を相場から算出する、これが重要でなくてはならないプロセスだといえます。

加えて、意外と重要性が高いのは物件の存在を伝える宣伝で、商品を知ってもらわなければ売れる物も売れません。

売り手が自ら営業する方法もありますが、案外手間暇と努力が必要となりますから、ここは費用が発生しても物件を取り扱うプロに任せるのがベストです。

どんな人に買ってもらうか?

次に要点となるのは、買い手を絞り込んで交渉する段階です。

買い手は不動産に関わらず、限られた予算と購入希望の条件の二つを抱えているものです。

買い手にとって他にない魅力的な物件であれば、予算を多少上回っても売買に結び付く、そのような例外もあるのは本当でしょう。

ただ、売り手が少しでも高く売却したいという思惑とは裏腹に、買い手は反対に安く購入したい、相反する希望があるのは紛れもない事実です。

売り手には相手を選ぶ権利がありますから、不動産を納得の金額で売却出来るまでは、安易に売買を決定しないことをおすすめします。

不動産の一括査定を利用する

買い手を良く選ぶ必要はわかっている、でもどうやって相手を探すのが最善なのかわからない、そうした状況には一括査定の選択が特効薬となるでしょう。

一括査定とは、文字通り複数の買い手が同時に物件の査定を行い、相対的に誰が最も高い購入希望額を付けたか、買い手側から見てわかる方法です。

多くの一括査定サービスは、無料で見積もりの機会を提供していますから、気軽に検討したり利用してみることがおすすめです。

一括査定を利用してわかることは、商品という名の物件にどれだけの価値があって、買い手は幾らまでなら出せるかです。

こういったサービスなら、不動産を高く売るコツ、物件の相場も同時にわかるので合理的です。

査定の申し込みは難しくありませんし、申し込んだ後は結果を待つだけですから、費用が不要な点と相まっておすすめ度が高い選択肢となります。

一方で、何度査定を受けても一定以上の値が付かない場合は、それがその物件の真価だと結論付けられるでしょう。

物件に付加価値を付ける

最高値を越えて、更に高額で手放したいのであれば、理想の買い手を探すよりも付加価値を付ける方が現実的です。

物件の付加価値には、

  • 景観が良くて治安が良好
  • 耐震性などの耐久性が優れる

といった条件が挙げられます。

景観や治安は変えることが難しいので、実際は耐震補強を施して売却時のアピールポイントにしたり、現状から魅力となり得る条件をリストアップしてPRに用います。

前者には補強費用が欠かせませんから、容易に手を出せる方法ではないものの、物件が古くて値が下がっている時に有効です。

その点、後者は場合によっては費用が発生しないこともありますから、幅広く不動産売買希望者にとって役立つ選択となります。

例えば、周辺環境に学校やスーパーマーケット、銀行などの条件が揃っているなら、子供がいる家族にPR出来る物件と考えることが可能です。

病院や消防が充実していれば高齢者向け、警察署や警備会社が存在していれば、女性の一人暮らしに適した条件をアピールポイントにすることが出来ます。

アイディア次第で、物件はもっと魅力的に見せられますから、低予算で付加価値を付けたい場合に効果を発揮するテクニックです。

これは住宅物件に限らず、オフィスや店舗においても同様です。

一見すると同じように見える商品でも、実は品定めを行う人の視点によって、見ている部分や価値評価の基準は違うものです。

相場や平均価格といった基準はありますが、買い手の希望と物件の条件が高レベルでマッチすると、その売買交渉はこれらの基準から外れることも珍しくありません。

極論ではありますが、交渉が始まったり売買が成立するまでは、誰が幾らで商品を欲しがるか未知数です。

ですから、物件の価値がないと諦めたり安く自己評価するのではなく、自信を持って不特定多数の潜在的な買い手に物件の存在を伝えることが必要です。

価値の評価に物件を周知する為の宣伝、それと付加価値をアピールする三つのバランスこそが、物件を売買成約に繋げて高い利益を得るコツとなります。