マンション売却の流れと注意するべきこととは

不動産会社をしっかり選ぶ

マンション売却という経験は、ない人の方が多いでしょう。

つまり多くの人はマンション売却について知識もなく、何から始めればよいのかわからないという人がほとんどです。

マンション売却の流れとしては、不動産会社に査定の相談をして、複数の不動産会社と一般媒介契約を締結することから始めます。

この二つをしっかりと押さえておけば安心です。

まずマンション売却の意志が固まったら、不動産会社に査定を依頼しましょう。

これをしなければ何も始まりません。

マンション売却が成功するかどうかは、よい不動産会社を選べるかどうかにかかっています。

しかしどうやって良い不動産会社を見極めればよいのかわからないという人が多いでしょう。

一括査定サービスを活用する

このようなときに便利に利用できるのが不動産一括査定です。

売りたいと思っているマンションと個人情報を入力することで、その情報をもとに、査定先や売却先の不動産会社が自動的に選ばれて、複数の不動産会社に一度に査定の依頼を行うことができます。

候補の不動産会社と面談を行ったら、信頼できそうな不動産会社と一般媒介契約を行いましょう。

一般媒介契約を結ぶことが大きなポイントです。

一般媒介契約とは、契約を締結した不動産会社以外でも売却活動が可能です。

もしも専任媒介契約をしてしまうと、複数の不動産会社に査定の相談をするメリットはなくなってしまいます。

売却予定のマンションの住宅ローンが残ってる場合

売却したいと思っているマンションの住宅ローンが残っている場合には、売却することを決めた時点ですぐに銀行に伝えるようにしましょう。

売却する時には抵当権を外すことになります。

その際の手続きに不手際が生じないためにも、早めに知らせておくのが望ましいでしょう。

夫婦でマンションを保有している場合

次に夫婦共有でマンションを保有している場合です。

この場合、対応する窓口はどちらで行うのかなど、あらかじめルールを決めておくとよいでしょう。

これだけは決めておいた方がよいというルールとしては、対応窓口はどちらにするのか、いくら以上の値段で売るのか、値引きはどこまでするのか、諸費用の負担はどうするかなどです。

これらを事前に決めておかなければ、もしも買い手が現れた場合でも、夫婦で意見が合わなかった場合に売却できなくなってしまうこともあります。

そのほかにも細かい部分については、日ごろから十分に話し合いを行っておくようにしましょう。

契約から引き渡しまで1ヶ月ほどかかる

ある程度の金額の買い手が現れたら、売買契約締結を行います。

あまりにも高い金額を望んでいると、いつまでも買い手がつかず、売却することができなくなります。

最後に引き渡しです。

契約から引き渡しまでの間は 1カ月程度かかるでしょう。

入金が行われるまでは気を抜かないように注意しましょう。